新聞記事

新庄南軟式から硬式へ(朝日新聞:平成18年6月16日)
 

野球部

野球部ブログ
12
2017/07/31

お盆OB戦のご案内

| by:野球部マネージャー

新庄南高校野球部OBの方にご案内です。

以下の日程でOB戦を行います。

日時 : 8月13日 10時集合 10時30分プレーボール
場所 : 新庄市民球場

軟式野球部時代だった方も、硬式野球部になってからの方でも年齢関係なく是非ご参加ください。
同じ新南野球部として青春を分かち合った時間を思い出し、語り合いながら交流しましょう!

OBの皆さんのご参加おまちしております!


10:45 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/07/31

甲子園予選結果報告

| by:野球部マネージャー

第99回全国高等学校野球選手権山形大会

1回戦 vs庄内総合高校 @新庄市民球場
7-4 勝利

先発溝越とエース早坂の継投でしのぎ、合計10盗塁の機動力でチャンスを作り効果的に得点し勝利しました。地元新庄での試合ということで全校応援をしていただき、全校生徒の熱い応援が大きな力となりました。

2回戦 vs北村山高校 @新庄市民球場
4-7 敗戦

再三の好機を作るものの、もう一本が出ず。先発溝越、エースの早坂は自分の持ち味を出すものの北村山打線につかまってしまいました。2回戦も数多くの新南の生徒たちからの応援と後押しをいただき勇気と力をいただきました。


部史上初の2回戦突破とは惜しくもなりませんでしたが、この敗戦を糧にしていきたいと思います。

スタンドに足を運んでくださった、保護者、OB、地域、高校野球ファンの皆様、本当にありがとうございました。

新チームは新キャプテン溝越真輝のもと、新たな歴史を作るようなチームになります。

これからも新庄南高校野球部を宜しくお願いします。



09:49 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/07/01

ブログリレー⑨

| by:野球部マネージャー

 

こんにちは!マネージャー1年の下山愛佳です。

 

私は中学校で吹奏楽部に所属していました。

野球とは無縁で興味もありませんでした。
そんな中、1年生の中総体の野球応援で野球の魅力に惹かれました。

それからは見向きもしなかった甲子園やプロ野球を見るようになっていました。

 

高校での部活は全く決まっておらず、野球は好きでしたが野球部のマネージャーになろうとは思っていませんでした。

しかし、誘っていただいた事をきっかけにマネージャーになることを考えるようになりました。
同じ学年に野球部のマネージャーになりたいという人もいなく、たくさん迷いましたがやっぱり野球に関わることがしたいと思い、野球部に入ることを決めました。

 

入部してからは分からない事がたくさんあり、とても不安でしたが、先輩方に優しくおしえていただき毎日たくさんの事を学んでいます。

全く分からなかったスコアも少しずつ書けるようになり、アナウンスも助けてもらいながらですができるようになりました。

そして、今までよりも野球に詳しくなり、より野球が好きになっています。

 

夏大まであと少しですが、自分にできるサポートを全力でしていきたいと思います!

                                           下山愛佳(1年/マネージャー)


10:07 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/06/22

ブログリレー⑧

| by:野球部マネージャー

野球人生を振り返って

こんにちは、新南野球部1年の梁瀬莉輝です。

僕が野球を始めたのは小学校の3年生の時です。

きっかけは、野球を始める前からプロ野球が好きでプロ野球選手のようになりたいと思い地区のスポーツ少年団に入りました。

始めたばかりの頃は練習についていけなかったのですが、学年が上がるにつれてだんだんついていけるようになり、野球がとても楽しくなりました。

中学生になり本格的に部活が始まりました。

1年生の頃は3年生が多く、試合に出る機会はとても少なかったです。
しかし、練習試合で投手としてチャンスをもらいました。結果は緊張しすぎて覚えていません。そして初めての中総体はベンチに入れませんでした。
とても悔しかったです。
それから毎日の厳しい練習を手を抜かず頑張りました。

2年生の頃の最初の時期は全く勝てませんでした。
僕は野球の他に陸上をやっていました。陸上の大会があるため毎日のように走っていました。
その時左股関節に激痛が走り歩けないほどの痛さでした。病院に行ったら剥離骨折。

しかも中総体の1ヶ月前。中総体に出ることができませんでした。

先輩とできる最後の試合、一緒に野球ができずとても悔しかったです。

3年生になり最初の大会は夏季大会。
僕はエースをもらいました。結果は優勝!!初めての優勝だったのでとても嬉しかったです。

中学校最後の大会。中総体。

僕たちの目標は「県制覇」でした。順調に勝ち進み決勝戦。
6回に同点に追いつき1対1のまま最終回になりました。

僕はその時投手をしていました。1アウト2・3塁のピンチ。

敬遠をして満塁にしようとしていました。しかし少し内側に入りスクイズをされてしまいサヨナラ負け。

ボールを捕ったとき時泣き崩れてしまいました。

県大会は1回戦で負けてしまいました。とても悔しく、現実を受け止められませんでした。

高校での目標は中学校のときよりも良い成績を残すことです。

先輩と1日でも長く野球ができるように頑張ります!!!!!!!!

                                             梁瀬莉輝(1年/内野手)
10:20 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/06/20

ブログリレー⑦

| by:野球部マネージャー

挫折から学んだこと 

 

こんにちは、新南野球部の須賀来です。

私の野球人生の中で
一番辛かったことは怪我でした。

それは中2の時、ピッチャーをしたときになった肘の剥離骨折でした。

医者からは3ヶ月くらいで治ると言われていましたが、実際は6ヶ月もかかりました。

怪我の原因でもある体の硬さをなくすために、教えてもらったストレッチを毎日しました。

そのおかげで肩周りの硬さや股関節の硬さがとれました。

その時は、嬉しい気持ちと練習に混ざれない悔しさが半々でした。春の遠征も混ざれずにただ見守っていることしかできませんでした。この悔しさを怪我が治ったらぶつけようと思ってました。
怪我が治り、
中総体の2ヶ月前に復活して野球の楽しさをあらためて知りました。

そのときは、とても嬉しかったです。

中総体の目標の「県中総体優勝」と言う目標は達成できませんでしたが、きつい時も乗り越えてきたので、後悔はありませんでした。

高校でも学んだことやストレッチをして、怪我をしない体を作っていきます。

※趣味はグローブ磨き


                        

須賀来(1年/内野手)


12:40 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/06/10

ブログリレー⑥

| by:野球部マネージャー

自分の武器

新庄南1年3組笹原 梨太郎


自分は野球を始めて8年目になります。


最初はなんとなくやっていた野球も小学校6年生になり背番号1をもらい、エースとしてチームを引っ張って重圧と共に野球のおもしろさを知りました。


そして中学3年の時、キャップテンになりたくさん悩んだこともたくさんありましたが自分の持ち味である



全力発声・気迫のプレー



でチームを明るく引っ張ってきました。



高校では自分の武器である、



声・元気で先輩を超えていきたいと思います。


自分は中学校で応援団長をしていたこともあり、声を出すことは得意でした。



それを生かしチームに明るい流れを呼び込めるようになっていきたいと思います。



球場にたくさんの人が居ても声でコミニケーションをとれるぐらいの大声を出します。



そして、これから辛いことがたくさんあると思いますが、声や元気で乗り越えていきたいと思います。



                           笹原梨太郎(1年)





19:30 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/06/03

ブログリレー⑤

| by:野球部マネージャー
僕の野球人生を振り返って

こんにちは、新南野球部3年の早坂蓮です。

僕が本格的に野球を始めたのは小学校3年の時です。

友達に誘われたことがきっかけで小学校のスポ少に入りました。
しかし、そこでの野球は楽しさを感じることができず、僕には合わない野球だと思い、1年で辞めました。しかし、野球は好きだったので友達と遊びでやっていました。

中学校から本格的に部活が始まりました。
1年の頃の中総体で1勝したものの、3年生が抜けて人数が7人になり、1年間試合ができませんでした。
2年の時は練習試合で1勝したのみ。
3年のときは1勝もできずに引退を迎えました。


勝利とは無縁だった中学校時代。


高校でも野球を続けようとは思っていませんでした。


しかし、気が付くと野球部に入っていました。


辛いことの連続でしたがあっという間に今日を迎えた気がします。


新南野球部として野球ができるのもあと2ヶ月を切りました。


仲間との時間を大切にしながら、出来ることを精一杯やって
人生で1番アツイ夏
にしたいと思います!



                        早坂蓮(3年生/投手)




17:20 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/05/30

ブログリレー④

| by:野球部マネージャー

~野球人生を振り返って~

 

こんにちは、新庄南高校野球部の碇屋健です。

 

僕は保育園の頃、プロ野球選手で巨人の阿部慎之介選手のファンで、物心がついた時にはもう野球が好きでした。

 

小学校2年生なった時になぜ入ろうと思ったのかわかりませんが、気づけばスポ少に入っていました。

まだ小学校2年生だからのか、集中力がないからなのか、スポ少に入って1年目の試合は途中で飽きて砂で遊ぶか寝ていました。
2年生の頃は僕の他に2
人の同級生が一緒にスポ少に入っていましたが、同じように試合の途中で飽きて遊んでいました。

本格的に始めたのは3年生からです。小学校の頃は練習が楽しくてしょうがなかったです。

 

中学校に入り、練習の辛さや厳しさが小学校とは比べ物にならないくらい上がり、野球を楽しいと思えなくなってしまいました。

毎日毎日部活に行きたくなくて辛い日々が続きました。

しかし、そんな辛い日々も重ねるごとに慣れてきて練習が辛いと思うことも少なくなり、小学校の頃のように野球を楽しめるようになりました。

中学校最後の大会。地区中総体。

優勝して県大会でも勝ち進むことを夢見ていました。結果は地区大会準決勝敗退。悔しさのあまり、現実を受け止められませんでした。

 

野球は中学校で辞めるつもりでしたが、中総体での悔しさもあってか高校でも野球をすることにしました。
辛いこと、苦しいこと、悲しいことがたくさんありました。ですが、今ではそれもとても貴重な経験で思い出です。


 

最後の大会までの時間は一瞬で過ぎてしまうと思います。


しかし、この残り少ない時間を大切にして今までの経験や練習の成果も合わせてすべてをこの夏に出し切ります!!!!!!!!




                                            碇屋健(3年/内野手)


21:23 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/05/23

ブログリレー③

| by:野球部マネージャー

僕の野球人生を振り返って

 

 

こんにちは、新南野球部3年の星川颯太です。

 

僕が野球を始めたのは、小学校3年生の時です。

親友から誘われ、親に相談もせずに登録書を提出しました。親にはとても驚かれました。

野球を始めた時は体が小さく下手くそでしたが、友達とできる
野球が楽しくて楽しくてしょうがありませんでした。
しかし、高学年になるにつれて、練習のきつさは増し、楽しさよりも辛さが多くなっていきました。

 

中学生になり、スポ少ではなく野球部として野球に関わることになり、それからは厳しい練習が当たり前のように続き、土日も練習試合などでほぼ休みがありませんでした。

そんな中でも徐々に身長が伸び打球も飛ぶようになり、試合で勝つことができたので、少しではありますが自分の成長を感じることに嬉しさを感じました。

また毎日の部活では、成長できなかったところ、弱点を見つけることができとても充実していました。

中学校最後の大会は負けてしまいましたが、練習を乗り越えた達成感、楽しかった日々の思い出、何よりもユーモアあふれる
仲間に恵まれたことが一番の宝物
です。

 

高校生になり、練習の量も更に増え、楽しいことより辛いことが多く、辞めたくなったこともありましたが、気がつけば夏の大会まであっという間に残り二ヶ月を切りました。

 

残りの新南野球部として野球ができる時間を大切にして、

全力プレーで最高の思い出を

作れるように頑張ります。



 

                                                                                    星川颯太(3年/外野手)


15:50 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/05/17

ブログリレー②

| by:野球部マネージャー

「僕の野球人生を振り返って」

 

副将の須賀陸です。
僕が野球に出会ったのは4,5歳の頃です。
おじいちゃんと一緒に外でキャッチボールをすることが日課でした。また、プロ野球も小さい頃から好きで見ていて、小さい頃の夢はプロ野球選手になることでした。

 

「楽しさと辛さ」

 

本格的に野球を始めたのは小学校3年生からです。
小学校の時はスポ少に行くのが楽しいという思いがありました。
小学校はサードを守っていて、副キャプテン、4番でした。
本当に小学校の頃はバッティングに自信がありました。



 そして月日が流れ、中学校。毎日毎日厳しい練習で、部活に行きたくないなと思う日が多々ありました。自分たちの代になったとき、練習試合で負けが続き、一人ひとりがこれからの行動について考えるため、しばらく練習がなくなりました。
僕は悔しさでいっぱいでした。

ある日、先生からピッチャーで出させてもらいました。ピッチャーは小さい頃から遊びでやっていたので、一回はやってみたいと思っていました。
このままピッチャーをして、3年生の春を迎えました。
しかしながら、毎試合毎試合結果が出ず、大会が目の前に迫っている中、先生はチームが勝つため、そして僕の長所を考え、僕に新たなポジションを与えてくれました。
この時、ピッチャーというものは簡単なものではないなと強く思いました。ピッチャーがダメなら、僕の自信があるバッティングでチームに貢献しようと思いました。

そして中総体、僕は4番ファースト。最後の大会で4番。

とても嬉しい気持ちになりました。結果、県大会にはいけませんでしたが、最後の大会で自分のバッティングで4番という仕事を果たせたので悔いはありませんでした。
中学校は本当に辛いことばかりでしたが、楽しいこともあり、充実した中学生活でした。

 高校でも野球をやり、2年生の時に甲子園予選にピッチャーで出させてもらい、25失点。
3年生との最後の試合で好投できなかったことが、悔しく、これでもかというほど涙が止まりませんでした。
3
年生の時の甲子園予選で、自分の役割を果たせられるようにしたい!そう今思います。

 野球は簡単なものではありませんが今までの野球人生の集大成でもある甲子園予選は全力プレーで立ち向かいたいです!

 

目指せ!下剋上!


 

それではまた会う日まで! See you next time!



                                             須賀陸(3年/投手)
09:39 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
12