校長挨拶

 
ごあいさつ


新庄南高校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

本校は、山形新幹線始発・終着駅のJR新庄駅から西へ約1km、豊かな大地と自然環境に恵まれた新庄盆地の中心部に位置し、江戸時代にこの地を治めていた最上家の居城跡にある最上公園に隣接しています。

 

大正3年(1914年)に新庄町立実科高等女学校として開校されてから、今年で創立106周年を迎える歴史と伝統のある学校です。「清楚・誠実・進取」の校訓の下、卒業生は19,000名を超え、全国各地の様々な分野で活躍しています。

 

本校の3年間の学びを通して、身につける8つの資質・能力を「新南8C(エイト・コンピテンシー)」として掲げ、本校の歴史と伝統を踏まえながら、地域の未来に貢献できる生徒の育成に取り組んでおります。

一人ひとりの個性と多様な進路希望に応じた教育を実践すると共に、各種の検定試験にも積極的に挑戦し、毎年多くの人が上級試験に合格しています。学習面だけでなく運動部や文化部の活動も盛んで様々な分野において、全国大会や東北大会等に出場しています。加えて体育祭や新南祭、マラソン大会などの学校行事や生徒会活動、ボランティア活動などで多くの成果をあげています。そして、より常に明るいあいさつの声が飛び交う、元気な学校です。

また、県の高校再編の一環として分校化された金山校とのキャンパス制も7年目を迎え、様々な学校行事で両校の交流を深めております

 

昨年度の卒業生の進学希望者(3年生の約77%)は国公立大や私立大学をはじめ、志望する進学先へ全員が合格しております。また、就職希望者(3年生の23%)は地方公務員も含め、全員が採用内定をいただいております。

 

本校の歴史と伝統は、地域に愛されながら、地域を支える人材を育ててきたところにあります。令和の時代においても、文武両面そして地域との関わりを大切にした新南らしい活動を今後も進めてまいりますので、皆様方には、一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。


 令和2年4月

 


山形県立新庄南高等学校  

校長 髙橋 たず子